POLA B.A アイゾーンクリームの効果と成分・口コミ

POLA B.A アイゾーンクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム

B.Aアイゾーンクリーム効果口コミ使い方

とても濃厚なクリームですが、伸ばす時には溶けてオイルみたいにスル〜と、力を全く込めずに指先が滑るように広げられました。塗ったそばからしっとりとして、内側からピンとするように肌が元気になってきます。高級ポーラの中でも最高ブランドだけあると思います。お値段がネックと言われてるようですが、使ってみたらその価値に納得できます。

ポーラの最高峰ブランドBAのアイクリーム。目の筋力である眼輪筋を鍛え、ハリ不足やくぼみ、たるみなどの目元の悩みを目元の構造から根本的に改善するのが特徴です。付け始めはコクがあり、肌に伸ばすと水の層がはじけてみずみずしく浸透、再び密着感のあるコクに変化する3段階の感触の変化で、使用感や仕上がりの心地良さも重視しています。目元のたるみの大きな原因である眼輪筋の衰えを根本的にケアしたい方に。
19,440円・税込
公式HPへB.A ザ アイクリーム

POLA B.A アイゾーンクリームの効果と成分

皮膚が薄く紫外線のダメージも受けやすい

B.Aアイゾーンクリーム効果口コミ使い方特長保湿乾燥

POLAのB.Aアイゾーンクリームは目元のダメージを修復し、

 

シワやたるみといった年齢とともに見られやすいトラブルを予防・改善するために開発されたアイクリームです。

 

目元はトラブルを抱えやすい部分だとよく言われます。

 

紫外線を浴びやすい部分でもあり、皮膚が薄く刺激に敏感な点も大きな理由ですが、

 

加えて現代人は目元に負担をかけるような生活習慣を抱えていることが多く、それが肌トラブルの大きな原因となってしまっているのです。

 

長時間のパソコン、スマホの使用、ドライアイ、花粉、メイクやクレンジングの負担…

 

独自理論をもとにブランドのメリットを最大限に

B.Aアイゾーンクリーム効果口コミ使い方特長保湿乾燥

こうした問題がもたらす目元へのダメージをどう防いでいくことができるか?

 

POLAでは現代人ならではの問題を解決するため独自の「アイコアフォーミング理論」を元にこのクリームを開発しました。

 

POLAの最高峰ブランドとして展開されているB.Aブランドでは、

 

肌本来の健康や若さを保つ機能に着目した「ジェネシスバイオアクティブ理論」をベースとしていますが、

 

このアイクリームではプラス「アイコアフォーミング理論」も取り入れることで、目元ならではの問題を視野に入れつつ、B.Aブランドのメリットを引き出す内容を目指しています。

 

配合成分
ゴールデンLP:B.Aブランドの代表格、希少価値の高いシルクを原材料
植物由来のエキス:ヨモギから抽出されたYACエキス、レンゲソウから抽出されたEGクリアエキス
            (いずれもポーラオリジナル成分)
月桃葉エキス、、マジョラムエキス、アルニカエキスなど

 

隅々にまで浸透しつつ、目元に潤いとバリア機能、そして立体感を引き出す効果を発揮

 

使用感
コクのあるクリームの状態

塗付すると肌にリフトアップするように密着し

さらに伸ばしていくにつれてクリームに含まれている水が初めて潤いをもたらしながら浸透

 

乾燥トラブルや使用感が好評

B.Aアイゾーンクリーム効果口コミ使い方特長保湿乾燥

口コミでも「目元の小じわが目立たなくなりました」

 

「いつも洗顔の後には目元がカサカサの状態になってしまっていたのですが、これを使い始めてからかなり改善されました」

 

などおもに乾燥がもたらすトラブルに対する効果を指摘する声が見られます。

 

また独特の使い心地に対しての声も多く、

 

「最初はコクがある感触だったので「ベタつかないかな?」と不安もあったのですが使ってみたらビックリ!みずみずしくて心地よく使うことができました」

 

などPOLAの特殊技術を評価する意見が見られます。

 

年齢肌だけでなく、日ごろから目元に負担をかけやすい方のケアにもピッタリ。幅広く目元ケア化粧品としてオススメできる製品です。

POLA B.A アイゾーンクリームの成分

水、シクロペンタシロキサン、グリセリン、ジグリセリン、PEG−10ジメチコン、BG、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ワセリン、ジメチコン、水添ポリデセン、水添ポリイソブテン、ジステアルジモニウムヘクトライト、マルチトール、PEG−75、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、イガイグリコーゲン、マドンナリリー根エキス、チョウジエキス、マロニエエキス、アルニカエキス、ヘチマエキス、レンゲソウエキス、イザヨイバラエキス、マヨラナ葉エキス、アケビ茎エキス、クララ根エキス、ヨモギエキス、ゲットウ葉エキス、加水分解シルク、加水分解コンキオリン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、エチルヘキサン酸セチル、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ステアリン酸スクロース、水添レシチン、エタノール、パルミチン酸スクロース、セタノール、ベヘニルアルコール、オレイン酸ポリグリセリル−2、カルボマー、トコフェロール、水酸化K、キサンタンガム、アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム、(ジフェニルジメチコン/ビニルジフェニルジメチコン/シルセスキオキサン)クロスポリマー、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

POLA B.A アイゾーンクリームの口コミ

アイクリームの中でもかなりしっかりして、肌をひっぱって上げながら広げていくと、それだけでぴったりと肌にくっつくようです。塗る時は柔らかくなるので、引き上げるのに肌に無理をさせる事はありません。春先の目元が痒い時期でも、使っていて症状が悪化する事も無かったです。保湿力はもちろん抜群で、乾燥小じわがマシになってきたように見えます。

チューブの先が丸くなってるのですが、これが使用量の目安なので、毎回同じ量でケアできます。白くて指先に取ると形が残るもったり系ですが、伸ばす時はオイル状になるので広げやすいです。必要な分が肌に留まって、乾燥しないようにうっすらと膜が出来てる気がしますが、変な被膜感では無いので不快感はありません。香りは独特なフローラル系です。

固めの白いクリームで、他の化粧品では嗅いだことのない、ややパンチの効いたフローラルの香りがします。とろけるように指先で伸ばせて、くちゃっとなった目の下や目尻にもきちんと入り込んでいきました。お値段だけあって他の美容液では感じた事が無い即効性があって、中から押し上げるみたいなふっくら感が出てきて嬉しいです。

粘ってると迄行かないけど、かなりこってり濃密クリームで、それなのに伸ばす時は良い意味でヌル―っと溶けていって、肌にじわーんと入っていく感じ。肌を守るように覆ってくれるけど、ベッタリすることなく、しっとりと気持ちいい。木枯らしの中数時間経ってたこと有るけど、目元がカサカサにならずに本当に保湿力高い!って実感した。

《参照》
コスメルジュ編集部のPOLA B.A アイゾーンクリーム体験談>>

アイクリームの選び方・使い方

悩みが無くても30歳までにケアスタート

B.Aアイゾーンクリーム効果口コミ使い方特長保湿乾燥

アイクリームは皮膚が薄くダメージを受けやすい目元を保護するために非常に重要なスキンケアイテムです。

 

とくに30歳前後になると目元周辺が乾燥しやすくなったり、

 

血行が悪化するなどしてシワやクマができやすくなるため、目元専用のケアが必要になるのです。

 

若い頃は特別なケアを行っていなかった人も30歳までには始めたほうがよいとも言われています。

 

ではどのような選び方で製品を選ぶとよいのでしょうか。

 

選び方

まず自分がどんな問題で悩んでいるのかを把握、

 

それに合わせた製品を選ぶようにしましょう。

 

シワに悩んでいるのか、クマやむくみに悩んでいるか、あるいはたるみか。

 

それぞれの症状に対応した製品があります。

 

あれもこれもと手を広げず、まずは最大の悩みを改善できるものを選ぶのが選び方の基本となります。

 

複数を使い分けるのもあり

B.Aアイゾーンクリーム効果口コミ使い方特長保湿乾燥

悩みが一つではない場合、

 

複数のアイクリームを使用するのも選び方のコツです。

 

たとえば上まぶたにたるみが見え、下まぶたはむくんでいる。

 

そんな場合には上まぶたにはたるみ対策用、下まぶたはむくみ用を使用するのです。

 

無理して両方に同じ製品を使用すると思ったような効果が得られない可能性もあります。

 

使い方

B.Aアイゾーンクリーム効果口コミ使い方特長保湿乾燥

アイクリームに関しては使い方も重要。

 

冒頭に挙げたように、目元の皮膚は薄く、ダメージを受けやすいため

 

正しい使い方で保護していくことが求められるのです。

 

シワの原因となる乾燥だけでなく、紫外線のダメージやまばたきによる皮膚の収縮なども考慮に入れた上でこまめに使用して保護するよう心がけましょう。

 

 

毎日しっかりケア

B.Aアイゾーンクリーム効果口コミ使い方特長保湿乾燥

それから毎日しっかり行うこと。使い方の基本中の基本。

 

外出しないから、日差しが強くないからといった理由で使ったり使わなかったりするのではなく、

 

毎日行うケアとして習慣づけるようにしましよう。

 

こうした選び方・使い方を踏まえている人の中には40前後になっても若々しい目元を維持して人もいます。試してみてはいかがでしょうか。

目元トラブルの原因と対策

目の下のたるみの原因と対策

たるみは見た目印象も左右する

B.Aアイゾーンクリーム効果口コミ使い方特長目の下たるみケア

目の下のたるみはしわ以上に老けてみられてしまう厄介なトラブルです。

 

さらに疲れた印象や暗い表情に見られてしまったり、

 

上まぶたのたるみによって眠そうな感じになってしまうといった問題もあります。

 

この目の下のたるみはおもに老化によるもの。

 

ですから対策を行っていくためには老化をもたらす原因を把握しておくことが大事です。

 

自分がどんな原因で老化を進行させてしまっているのかを把握していないと、見当違いのケアを選んでしまう可能性もあります。

 

目の下のたるみの原因

紫外線

・目の下のたるみ対策における最大のポイント
  活性酸素を増加させ、老化と乾燥の両方を進行させる
  特にに目元は紫外線を浴びやすく、皮膚が薄くバリア機能が弱いので影響を受けやすい

 

・紫外線のダメージが真皮層にまで達する
  →肌を支えるコラーゲンが破壊され、たるみの直接の原因となる

生活習慣
長時間のパソコンとスマホ 

 ・うつむいた姿勢で瞬きの回数が大幅に少ない環境になり、目に大きな負担がかかる
 ・表情筋の衰えや重力による肌のたるみの進行といった影響を及ぼす

食生活 糖分・脂肪分が多い食事による血行不良はターンオーバーの乱れとむくみの原因
ストレスと睡眠不足による疲労の蓄積

・どちらも血行不良の原因
・活性酸素の増加やターンオーバーの乱れといったたるみと深く関わるトラブルの引き金

 

スキンケア以外でも上手に対策

B.Aアイゾーンクリーム効果口コミ使い方特長目の下たるみケア

特に不眠やストレス・疲労の蓄積は、現代社会の大きな問題となっています。

 

老化によって進行する目の下のたるみは体のメカニズム上仕方がない部分もあるのですが、

 

原因に対して適切なケアを日ごろから心がけることで老化を遅らせ、トラブルを改善していくことも十分可能です。

 

スキンケアはもちろん、日々の生活の中でできる対策方法をうまく習慣として取り入れていくようにしましょう。

目尻の小じわの原因と対策

B.Aアイゾーンクリーム効果口コミ使い方特長目しわケア

目尻のシワ対策ではシワの種類に合わせたアプローチが求められます。

 

しかも年齢を重ねた肌ではさまざまな原因が複合してシワができるケースが多いため、

 

ひとつのアプローチだけに絞らず広い視野から総合的にケアしていくことが求められます。

 

小じわ(ちりめんジワ)

原因:肌の乾燥

表面がカサカサになってしまうことで細かなシワが沢山出来る
もともと目元の皮膚は薄いため乾燥しやすくこのタイプのシワができやすい

対策:保湿

・加齢により減少する保湿成分をスキンケアでしっかりと補う
  ex.セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど

 

・乾燥した目元の皮膚は有効成分が浸透しにくい状態にある
  →セラミドはヒト型ナノセラミド、ヒアルロン酸とコラーゲンはナノ化の技術によって浸透性が向上されたものを選ぶ

 

目尻に走る深いシワ

原因:老化

・ターンオーバーの乱れや真皮層のコラーゲンの減少によって肌を支える力が低下
・表情を作る際に皮膚を動かし支える表情筋の衰え

対策:
真皮層のコラーゲンを増やす
ターンオーバーを改善する

・繊維芽細胞の働きを活性化させ、コラーゲンの生成を促する成分を補う
  ex.ビタミンC誘導体やビタミンE、レチノール、FGF
(※コラーゲンをスキンケア製品で直接補充しても真皮層までは届かないため十分効果が得られないと言われる)

 

・表情筋対策 表情筋トレーニングによる強化が効果的

 

両タイプの皴もケアするには紫外線対策

B.Aアイゾーンクリーム効果口コミ使い方特長目しわケア

なお、両方のシワ対策に共通して重要になるのが紫外線対策です。

 

紫外線を浴びると活性酸素が増加し老化と乾燥の原因となります。

 

さらに紫外線が真皮層にまで達するとコラーゲンを破壊してしまい、深いシワの引き金にもなります。

 

スキンケア製品による目元ケアとともに紫外線対策もしっかりと行い万全の環境を整えるようにしましょう。

 

 

 

《参照》
POLA B.A アイゾーンクリーム | POLA公式オンラインストアー | ポーラ化粧品の口コミ